これからのふるさとを創ろう

 この度の参議院選挙においてこの和歌山選挙区で候補者を擁立できなかったことについて、厳しい状況であってもご支援いただいている皆様に、重ねてお詫びいたします。今後は、民主党の比例票をできるだけ多くの皆様からいただけるよう全力で活動してまいります。

 昨年末の解散の時に、国会議員の定数削減と社会保障の充実が約束されました。しかし、現在の政権はその約束を反故にし、実現できなかったことは大変遺憾に感じます。

 また、現政権の経済政策は、急速な物価上昇をもたらし、国民の暮らしに悪影響がでてきています。物価は上昇するが、国民にとって一番重要な賃金の上昇には結びついておらず、暮らし向きはよくなっていません。

 「暮らしを守る力になる」生活者起点の民主党として、雇用を生み出し、国民の収入を増やし、社会を支える中間層を分厚く、豊かにして国民の皆様の暮らしがよりよくなることから、日本経済の立て直しに取り組みます。

和歌山県連幹事長
和歌山県議会議員 浦口高典